これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

人工知能AIに奪われる仕事と生き残る仕事、そしてその未来とは・・・??

   


AI(人工知能)の進化が止まらない!!

2017年1月26日
決算サマリーの人工知能は、企業が開示する決算短信添付資料と決算短信サマリ情報から決算情報を抽出した後、適切な文章を選んでサマリー記事を作成し、ウェブサイトへの配信まで自動で行う。人はそのプロセスに一切関わらない。人工知能が作成した記事は、日経電子版と日経テレコンで読むことができるが、日本経済新聞の紙面には使われない。

手掛けたのは、同大学理工学部生命情報学科教授の榊原康文氏らのグループだ。この人工知能は今でも進化を続け、国家試験の臨床問題を正答率55.6%(過去の合格者の平均正答率は66.6%)で解答できるところまで至っているという。

rui.jp/ruinet.html?i=… 現役医師が恐れる、「ロボット手術」で外科医の仕事が奪われる日 小説がかけるAIに、医者を失業させる手術ロボット。人類の役割って何が残るのか?

今のAI、平等な判断は無理でも、働きやすい配置には向いているかも。
今のわたしは、仕事や健康で相談できるAIが欲しい。

「退職率下がった」 AI人事に偏見なし:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

AIによって仕事を奪われると騒がれた2014年

今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至った

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題となっている。

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

「最近の技術革新の中でも注目すべきはビッグデータです。これまで不可能だった莫大な量のデータをコンピューターが処理できるようになった結果、非ルーチン作業だと思われていた仕事をルーチン化することが可能になりつつあります」

医療の診断から法律・金融などの知的専門職、果ては警察領域にまで及ぶ

安くマジメに働くやつらがいつの時代も仕事を掻っさらって行く・・・

今まで産業用ロボットというと1台1000万円以上することが当然でしたが、バクスターの価格は2万2000ドル(約177万円)。8時間の仕事を3年間続けれると、時給は約4ドル(約320円)の計算です。

じゃ、どんな仕事なら生き残れるの??

創造性、協調性が必要な業務や、非定型な業務は、将来においても人が担う

この研究結果において、芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい傾向があります。一方、必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業については、人工知能等で代替できる可能性が高い傾向が確認できました。

しかし必ずしも将来を過剰に悲観することは、ない。

20年経てばAIなくしてどんな仕事も成り立たなくなるだろう。

このAIはいずれ無料になるといわれている。誰もが無料で使えるようになるというのだ。少なくとも、いまの時代に誰もがインターネットを使っているくらいの感覚でAIを利用できるようになる。そうなったときに何が起きるかというと、「AIに影響を受けない仕事は何もない」という時代が来る。

Iの出現によってどんな仕事がなくなり、どんな仕事が生き残るかの議論など、まったく無意味なのだ。いまの時代、マイクロソフトOfficeを使い、ネットで必要なことを調べ、LINEやFBのメッセージで他人とコミュニケーションすることは、ビジネスパーソンの最低限のスキルだ。これと同様のことがAIに関しても起きる。

慶應医塾大学理工学部生命情報学科教授
榊原康文氏

慶應義塾大学病院は質の高い医療を提供しているけれど、日本全国を見渡せば医療過疎地なども多い。そこで慶應義塾大学として、慶應義塾大学病院と同じ質の診療を全国どこでも受けられるようにITを活用した仕組みを作ろうという研究課題を文部科学省のプロジェクトに提案して、私もその中に加えていただいたんです。

過去の技術革新を検証すると、19世紀における産業革命では、製造業における作業を単純化して再構成することで機械が導入されて熟練工が不要になっており、技術がスキルの代わりになったと言える。この現象を労働経済学の観点で捉え直すと、イギリスにおける実質賃金が上昇していることから、熟練工の雇用は代替されたものの技術的進歩による利益が労働者に分配されたと評価されている。

人工知能(AI)を労働の担い手としてみた場合には、これまで人が携わってきた業務の一部を代替することで、業務効率・生産性向上の可能性や、これまで人が携わることができなかった業務を担うことで、新規業務・事業創出の可能性を秘めていると予想される。

「AIは人間の仕事を奪わず、新たな雇用をつくりだす」人間とロボットの「仕事」をどう考えるのか、技術調査会社アナリストJ.P.ガウンダーに聞いた。 bit.ly/2cWDCbb

ロボットやAIで仕事がなくなるのは5%とマッキンゼーが予測 | MITテクノロジーレビュー(2017年1月16日) technologyreview.jp/s/21175/robots…

 - Uncategorized

×