これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

誰かに話したくなる『意外な事実』が、最近ちょっと多いみたい

   


◆「リーゼント」の真の意味が意外だったと話題に

1月29日、映画「キセキ―あの日のソビト―」の公開2日目あいさつで

前髪を高くした髪型はポンパドール(ポンプやクイッフとも)と呼ばれるもので、あの特徴的な部分はリーゼントではなかった

正しくは、サイドの髪を後ろに流し、後頭部でぴったりとくっつけるスタイルとのこと

成人式でリーゼントにしてた方もいるでしょうが、僕はつい最近までリーゼントという髪型について誤解していました… pic.twitter.com/2zaxS8sqp4

理容師さんに話を聞いてみました。リーゼントが横の部分だったって本当なの?――リーゼントが上の部分ではなく横の部分のことだって本当?

『元々は』という意味なら本当です。厳密に言えば、トップ(上)の盛り上がっている部分は『ポンパドール』と呼びます

前髪がモコっとしてる部分を指しているのかと思っていたのですが、サイドを後ろに流し合わせるスタイルの事だったのです!!!

フィギュアスケートのイナバウアーと同じ勘違いをしていたのです

わりと最近知ったこと。前に出っ張ってる部分が「リーゼント」だと思ってた。 twitpic.com/bt6sg9

2013年に話題になっていたことも意外かも⁉

リージェント・ストリート(バーバリーやハムレーズとかある目抜き通り)が由来までは知らなかった ( ゜ω゜).。o0(日本だとタケシタとかになるかなあ #古い

リーゼントはどこ? 意外な事実が判明し、「知らなかった」の声が続出 grapee.jp/282237

◆客室乗務員は「スタンガン」を持っているらしい

「ナッツリターン姫」で有名になった航空会社ですね

大韓航空の飛行機の機内で酒に酔った男が大暴れし、その写真を居合わせたアメリカのグラミー賞歌手、リチャード・マークスさんがフェイスブックに公開、乗務員がこの緊急事態に対処できていなかったと憤慨した

マークスさんはツイッターに、その男を取り押さえようとした様子を捉えた数枚の写真と共に投稿し、客室乗務員たちは「全く訓練ができていない」とツイート

批判されたことを受け、機内での騒動に対処するために乗務員が「迅速にスタンガンを使用する」ことを認める方針を明らかにした。乗務員の安全訓練も強化するという

それにしても、「客室乗務員がスタンガンを持っている」のは意外である

You will be hearing about our flight#480 on @KoreanAir_KE . Passenger next to us attacked passengers and crew. Crew completely ill trained.

We have video of entire chaotic and dangerous event on @KoreanAir_KE 480. Lasted 4 hours. Crew completely ill-equipped to handle situation.

◆子供たちの人気者「アンパンマン」にも意外な事実が沢山ある

誕生のきっかけは、月刊誌に連載された「十二の真珠」という童話だったそうです。ひと月にひとつの童話を掲載するこの連載の中で、戦場のお腹を空かせた子どもたちに“あんぱん”を配る男の話が描かれました

現在の「アンパンマン」のベースになったのは、1973年に出版された『アリスのさくらんぼ』(サンリオ出版)に収録された「飛べ!アンパンマン」

 - Uncategorized

×