これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

不正行為や開始時間繰り下げも‥2017センター試験が異例づくしだった

   


●2日間の日程を終えた2017年大学入試センター試験

本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が2017年1月14日、2日間の日程で全国691の会場で始まった。

2日間の日程で、14日は午前に地理歴史、公民、午後には国語と、英語のリスニングを含む外国語の試験が実施

●今年のセンター試験は、異例づくしだった?

・大雪で、8府県31会場で試開始時間を繰り下げる措置

大学入試センター(東京)によると、雪による影響で公共交通機関に遅れが出るなど8府県の31会場で試験開始時間を繰り下げるなどの措置が取られ、

このほか、福島大学(福島市金谷川)では15日、JR東北線の車両故障に伴い、会場全体で試験開始を1時間繰り下げた。

雪による繰り下げを行った会場数は10年間で最も多く、影響を受けた受験生は約1万1000人に上っている。

・今年は、思考力や読解力を問うものが数多く出題されたという

大手予備校がことしの各教科の問題を分析したところ、図や写真、さらにグラフを使って

生物基礎と情報関係基礎の問題文に一部誤りがあり、各会場で訂正内容を説明。簿記・会計でも問題文に補足があった。

・「日本史A」では「妖怪ウォッチ」と「ゲゲゲの鬼太郎」が登場

「日本史A」では、「妖怪」をテーマに高校生が日本の近現代史を語った文章が出題

漫画家の水木しげるの妖怪や、バブル経済やロボット技術をモチーフにしたアニメ「妖怪ウォッチ」のキャラクターが登場

●そんな中、センター試験での不正行為が2日間で12件あったと発表

大学入試センターは15日、全日程を終えたことを受け、試験中にスマートフォンで

教科書の画像を見るなどの不正行為が2日間で12人12件あったと発表した。

・「不正行為」の主な内訳

不正行為の内訳は、電卓の使用6件▽定規使用2件▽試験終了後のマークシートの修正2件▽スマートフォン使用(教科書画像の閲覧)1件

▽試験監督者などの指示(受験票を机の上に置く)に従わなかったこと1件-の計12件。

 - Uncategorized

×