これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」がドナルド・トランプ大統領の誕生も予言していた?!

   


【10月23日 AFP】SF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」シリーズに登場し、主人公のマーティ・マクフライ(Marty McFly)へのいじめを繰り返す悪役ビフ・タネン(Biff Tannen)のキャラクターが、米大統領選挙の共和党最有力候補、ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏から着想を得ていたことが分かった。

トランプってバックトゥザフューチャーのビフが金持ちになった時のイメージそっくりだよなと思ってたら実際モデルだったらしい

"バック・トゥ・ザ・フューチャー"の未来編のビフのモチーフがトランプと今さっき知ってビックリしたw BTTF、地味に予言が当たってるよw 政治まで同じだったらどうなることやら…。笑えない。

脚本家ボブ・ゲイル(Bob Gale)氏は「映画を作ったときにそれを考えていたよ!もちろんさ」と、米ニュースサイト「デイリー・ビースト(The Daily Beast)」に語った。

1985年からやってきた(という設定の)マーティが「ビフは今何をしているのか?」と質問。そんな質問に対して、「彼なら今、大統領選に出馬してるよ」と司会者は回答。

未来(2015年)のスポーツ年鑑を手にしたビフ・タネンという男が競馬で大富豪となり、世の中を牛耳る様が描かれるのですが、そのビフのモデルとなったのがトランプ氏(脚本を務めたボブ・ゲイル氏がインタビューで答えています)。

マーティーが買ったスポーツ年鑑

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2(Back To The Future Part II)』では、ビフ・タネンがカリフォルニア(California)州の架空の街ヒル・バレー(Hill Valley)を牛耳る27階立てカジノのオーナーとして登場する。

つまり我々の世界線では、マーティが歴史修正にしくじって、ビフは大富豪のまま2016年を迎え、大統領選挙に出てきてしまったようなものだ。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』、予想当てすぎでしょ pic.twitter.com/xMRoBkKW9a

ビフの高層カジノは、この映画が公開された1989年の5年前にアトランティックシティー(Atlantic City)に完成したトランプ・プラザホテル(Trump Plaza Hotel)に驚くほど似ている。

カブス108年ぶりの優勝も予言

映画ではマーティが電光掲示板に表示された「ワールドシリーズ カブス勝利」を目撃し、驚くシーンがある。
当時はあり得ないこととして冗談のネタだったが、今年シカゴ・カブスは108年ぶりにワールドシリーズを制覇とこちらも”的中”している。

これはパロディーで作ったみたいですが。おもしろいですね

カブスの優勝とトランプの世界を予言したバックトゥザフューチャー恐ろしい

Back to the Futureのビフは、若かりし日のトランプ氏がモデルらしいですね。ってことは、彼が大統領になったら、Back to the Future 2みたいになるってことか。Oh…USA…(^^; pic.twitter.com/eCFDtDIOR0

 - Uncategorized

×