これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

野菜や果物が無料!?売れ残り商品を無料配布しているところがあるらしい。

   


野菜や果物の値段がいま高騰中

野菜高いな〜。スーパーの朝市に行ったら,キャベツが一玉458円だった(^_^;)。安いときは98円だから,4.5倍。天候に左右されるものだからしかたないが。きゅうりが8本で280円だったから,それを買ってきた。

食料品がただで手に入るなんて嬉しくないですか?

そんなうまい話があるわけないと思ったあなたへ。

あるんです。いまフランスで無料で配布されています。

2016年2月にフランスで食品廃棄禁止法が成立。

食品廃棄禁止法って?

店舗の面積が400平方メートルを超えるスーパーマーケットは賞味期限切れなどで販売できなくなった食品を処分することができなくなる。

売れ残った食品は慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥料に転用しなければならなくなり、法律に従っていることを証明するため、スーパーマーケットは慈善団体と契約を結ぶことも義務付けられる。

これを行わなければ、最高7万5000ユーロ(約1000万円)の罰金が科されることになった。

スーパー閉店後、売れ残り商品の配布へ

ゴミ収集の回数じゃないんだよ。セットで、ゴミを出さないモノ作りが必要なんだよ。過剰包装を無くす、量り売りでマイタッパ、マイボトル持参。
食品廃棄は原則禁止(出汁にする、フードバンクと提携する)
たったこれだけで、どれだけのエネルギーロスが無くなるか、誰でも判ること

周囲の反応は・・・。

これは日本でもやるべきだと思うな。
下記は農水省の2013年の調査にはなるが、日本の食品ロス(食べられるのに廃棄された量)は年間500~700万トンにも及ぶとのこと。

坂本 大典さんのコメント

食品版のリユースと捉えるべきでしょうか?
ひとつ問題があるとすると、売れ残り品で食中毒等が発生した場合の責任の所在です。

荘司 雅彦さんのコメント

RT @katayama1122: わが国の年間の食品廃棄量は、食品消費全体の約2割の1800万トンですが、うち食べられるはずの「食品ロス」は500万~800万トンです。さらに、そのうち各家庭から出るものが年間200万~400万トン、これをなくすには、食材を「買い過ぎず」「使い…

RT @basilsauce: 今日もフードバンクのボランティア。ヴァンに乗ってあちこちへ。
ある高級スーパーは、自社ブランドの美味しいチョコレート菓子や全く傷んでいない鉢植えの花などをたくさん提供してくれた。
フードバンクのベテランスタッフが言っていた。
「あそこの店舗には素…

RT @basilsauce: 昨日、オックスフォード在住の同年代女子会?の話の中でわかったんだけど、フードバンクである私立の幼稚園に食材を届けるの、なんでかな、と思っていたら、そこは夕方からはホームレスの人に食事のできるところとして施設を開放しているからでした。なるほどー。

導入に慎重な声も。

コンビニが普及している日本でこれを導入したらすごいことになりそう。廃棄に関しては大きな問題なので、ある程度強制的なルール作りは必要だとは思う。ただ、消費者への負担も増えそうな気はする。物価の上昇は自然と発生しそう。

平山 秀一郎さんのコメント

 - Uncategorized

×