これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

【ダイエット】拒食症になるとこんなに危険がでてくる!?【病気】

   


ダイエットをしていて空腹でも食事を制限をする人が多いですよね。
ですが、食事制限や食べる事の罪悪感がありすぎると、心の病気といわれる
拒食症を発症する恐れがあります。

拒食症の正しい名前は「神経性食欲不振症」といいます。

拒食症とは??

拒食症とは主に10~20代の若い女性に見られる病気です。

拒食症が始まるきっかけというのは個人で違いますが、
「軽いダイエットのつもりだったのに・・・」と思っていたものがエスカレートし
拒食症につながる事が多いのです。

拒食がエスカレートするのは、社会ではやせなくてはダメだという社会的プレッシャーを感自他りする事も多く。思春期の強い時期だと色々なプレッシャーから、間違ったダイエットをし
食欲不振になります。

他にも、自分の外見へのコンプレックスなど、魅力的になるために痩せなくてはといけない!!というプレッシャーが増幅することで食欲がなくなり
最終的にはガリガリの魅力のない体になってしまいます。

拒食症の症状とは

ダイエットでの目標体重を達成し、他の人がみても十分痩せた外見になっているのに、
本人にとってはまだまだ十分ではなく、あと3kg減らそうと目標をエスカレートさせてしまうのです。

太ることへの恐怖が強くなり、治療を受けて標準の体重に戻すことが心理的に耐えられなくなったり、治療を嫌がるケースも多くあります。
拒食症が重症になると食欲自体がまったくなくなり、体自体も食べ物を受けつける事ができなくなり、命の危険にさらされます。
身長と年齢に基づく適正体重を15%以上も下回る低体重になっている場合は、
拒食症と診断される可能性が高くなります。

身体的問題

【無月経】低栄養により女性ホルモンのバランスが崩れ、月経が止まる

【不整脈】心筋量の減少や血中電解質バランスの異常で、心臓の電気的活動が異常を生じ、突然死の原因にもなる不整脈が起きやすくなる

【骨そしょう症】骨密度が低下し、骨折しやすくなる

【白血球数の減少】風邪など感染症への抵抗力が低下する

【味覚異常】亜鉛不足が原因と考えられる味覚異常で、味がわからなくなる

異常が拒食症につながる原因となります。
みなさんもダイエットもいいですが
気をつけましょう。

 - Uncategorized

×