これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

これぞまさに共存…!シカとの事故を防ぐ為に専用踏切を開発した近鉄に賛辞の声

   


近鉄が「シカ用の踏切」を開発した?

対策チームを作って調べたところ、事故が多い区間では線路が生息域を分断する形になっていたため

シカが危険を冒してでも線路を横断していたことがわかり、安全に渡れる仕組みを考え出したということです。

侵入防護柵は事故発生場所が移動してしまい投資した割には効果が出ない場合があります。そこで発想を変えた「鹿の踏切」が浮上しました。

シカが嫌う超音波を出して近づかない様にする仕組みという

この「シカの踏切」は、三重県津市内の近鉄大阪線に設けられました。

線路の両脇におよそ1キロにわたってネットを張った上で、5か所にネットを空けた場所を作り、線路を横断できるようになっています。

最終電車が通過したあとは、始発までこの装置はお休みです。

電車が通るタイミングだけ、鹿が嫌がる音波を出す装置で通らないように促し他は通っていいよという姿勢を見せる共存を選んだ

近年、シカとの接触事故の件数が多くなっているらしい

近鉄では、電車がシカをはねる事故が昨年度およそ300件発生し、統計を取り始めてから最も多くなりました。

鹿止柵が長くて鹿が迂回できないところでは、柵が寸断された踏切を通過してしまい、踏切内の鹿衝突事故が増加します。

三重県津市内を走る近鉄大阪線では、電車が鹿をはねる事故が後を絶たないことから、新しい工夫をしたとのことです。

では、なぜシカは線路に入るのでしょうか…?

シカが線路内へ侵入する理由について、「鉄分を求めて」という研究成果が出ているとのこと。

レールと車輪の摩擦で発生する鉄粉を目当てに、防護柵に開いた穴を抜けたり、柵のない場所から回り込んだりして線路内に侵入していた。

シカはほかの野生生物に比べて鉄分が多い。

シカは身体に必要な鉄分を補給するため、その鉄粉を求めて線路へ入るというのです。

シカとの共存を選んだ近鉄に賛辞の声があがっている

シカ様と共存している、奈良県だからこその施策ですね。
シカの「踏切」開発=超音波で接触事故防止―近鉄(時事通信) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-… #Yahooニュース

シカの「踏切」開発=超音波で接触事故防止―近鉄(時事通信) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-… #Yahooニュース 終電後は行き来出来るようにするところが愛。

シカの「踏切」開発=超音波で接触事故防止―近鉄(時事通信) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-… #Yahooニュース

鉄道技術は光るもののある近畿日本鉄道

 - Uncategorized

×