これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

「ポケモンGO」海外ではプロのポケモンマスターが誕生したらしい…

   


「ポケモンGO」は、任天堂と「INGRESS」のNiantic社がタッグを組んだ最新作。

米国など爆発的人気となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の日本での配信が22日始まった。

スマートフォンで遊べる新しいポケモン 『Pokémon GO』 の国内配信がついに始まりました。ポケモンGOはスマホの位置情報を使い、実際に歩き回ってポケモンを集めるゲーム。

「ポケモンGO」はスマートフォンを片手に、町なかでポケモンを捕まえられるだけでなく、ほかのプレーヤーと実際に出会ってポケモンの交換や対戦をすることもできるゲームアプリです。

なんとニュージーランドではプロのトレーナーが登場?!

全世界で大人気アプリの仲間入りを果たしたPokémon Goリリースされる前から、ポケモンマスター目指すやつ絶対いるだろwwwと言われていましたが、ニュージーランドに住む24歳の青年が本当に仕事を辞めてまでポケモンマスターになってしまった!!!

。「POKEMON GO」(ポケモンゴー)このゲームに熱中しすぎて「仕事辞めてリアルポケモンマスター」になってしまった男性が話題になっています。

24時間365日、ポケモンGOに力を注ぐため、仕事まで辞めてしまったニュージーランドの男性が海外で話題になっている。

目指すはポケモン全制覇

プレイを始めておよそ2ヶ月になるそうだが、すでに実装されている151匹の内90匹をゲットしたそうだ。

ポケモンを探すために町中を隅から隅まで周ってきた。しかし、それでもポケモン全制覇には至らなかったことが、今回、ポケモン探しの旅に出発するという決意につながった。

冒険がしたかったんだ

「6年間働いてきて、本当に休息が欲しかった。ポケモンが夢を叶えるチャンスを与えてくれたのさ」

トムさんは今後2ヶ月でニュージーランドをくまなく周る準備に勤しむ日々とポケモン捕獲に忙しい日々を送っています。ニュージーランド中を巡る為にバスを20以上予約しながらも、サウスアイランドの6つの街でポケモンを根こそぎ捕獲成功したりと大忙し。

これには母親も「Tomは子供の頃から思いつきで行動する独立心溢れた子だったからねえ…。思いっきり人生とニュージーランドを満喫して欲しいわね」とあきらめ顔。

ポケモンマスターの道は険しい

一見楽しそうに思えるポケモンマスター人生ですが、実際には朝3時まで捕獲のために歩き続けるなど、かなりハードな毎日だそう。

ポケモンマスターの朝は早くポットにコーヒーを入れバックパックにランチとレインコートを詰め込んで早速、ポケモンを探すべく冒険にでるのが日課。

『ハクリュー』『ストライク』『ルージュラ』などのポケGOではレアポケモンといわれるこの3匹は捕まえるのにかなり苦労したようです。

それでも、「一番最高の経験は、サムナーやクライストチャーチといった場所が、ポケモンハンターたちの集いの場になったことだね」と、ポケモンを通して街中で同好の士と出逢えたことが何にも代えがたい体験だとCurryさんは話します。

 - Uncategorized

×