これヤバい速報

雑学系おもしろ情報のまとめサイトです。

[閲覧注意]サッカーの試合中に起きてしまった大怪我[衝撃映像]

   


サッカーに怪我はつきもの

打撲や骨折や捻挫などは多く見られます。
また筋肉系の怪我も多く見られ、サッカー選手は常に怪我とも戦っています。
所属チームは怪我をした当時のものです。

上海申花  デンバ・バ

デンバ・バは相手選手からタックルを受けてよろけたところに、相手選手がデンバ・バの左足を引っ掛けてしまったことで足があらぬ方向に折れ曲がる大怪我を負ってしまった。

チームの指揮官であるグレゴリオ・マンサーノ(Gregorio Manzano)監督は、復帰には最低7か月を要するだろうとの見解を示し、地元英字紙シャンハイ・デーリー(Shanghai Daily)に対して、「選べるのであれば、デンバ・バを失うくらいなら試合を落とす方を選ぶ」と語った。

プレミアリーグのニューカッスルやチェルシーで活躍したセネガル代表のスーパースター。
足があらぬ方向に曲がってしまっている。

チェルシー  クルト・ズマ

マンチェスター・ユナイテッド戦で負傷交代となったチェルシーのフランス人DFクルト・ズマ。前十字靭帯を痛めていることが判明。今後48時間以内に手術を受ける予定で、6か月ほどの離脱が見込まれるという。

クル・ズマの負傷を忘れたくない。自分は彼の近くで見ていたからね。

彼はストレッチャーでピッチを後にして、あまりの痛さに叫び声を上げていたよ。深刻な負傷じゃないことを願っている。彼なら一刻も早くピッチに戻ってくれるはずさ。

ズマの負傷を間近で見ていたマタのコメントです。

ちょうどこのシーンを生中継で見ていましたがピッチ上で叫んでいるズマの声がしっかり聞こえました。ここまで鮮明に叫び声が聞こえたのも珍しかったのでこの時点で重症だと想像できました。

チェルシー  ペトル・チェフ

チェフはチェルシーに所属していた2006年10月14日のレディング戦で頭蓋骨陥没骨折の重傷を負った。一時は意識不明に陥るなど選手生命の危機に瀕したが、脅威的な回復をみせる

骨折自体は完治しているが、強度はまだ完全には元に戻っていないこと、ヘッドギア装着でのプレーが定着しているなどの理由で、現在も装着し続けている。

頭蓋骨陥没の大怪我は全治1年と言われていたにもかかわらず僅か3ヶ月後に先発復帰を果たしている驚異的な回復力の持ち主である。
また負傷後につけているヘッドギアは彼のトレードマークにもなっている。

アーセナル  エドゥアルド・ダ・シルヴァ

2008年2月23日に行われたバーミンガム・シティFC戦でマーティン・テイラーからタックルを受け負傷した。患部は骨が露出するなどグロテスクな状態になりJ SPORTSはリプレイを自粛した。治療の為に試合は約8分間中断され、ピッチ上で酸素マスクを着用するなど処置が行われたのちに病院へ搬送され手術が行われた。

当時、J SPORTSで日本でも生中継されていたこの試合でしたがリプレイは流せないほどの大怪我。

腓骨の開放骨折と左足首の脱臼による全治9ヶ月の重傷であることが明らかになり、現役続行は不可能ではないかとも指摘された。

ローマ  フランチェスコ・トッティ

エンポリ戦の前半7分、イタリア代表でローマの主将、フランチェスコ・トッティが左足首のひ骨骨折とじん帯を損傷する大ケガを被った。

90度外側に開いたまま「動く」という機能が完全に麻痺した足はもちろん、激痛で顔をゆがめながらも冷静さを欠かさないトッティの振る舞いが、見るものによりいっそう衝撃を与えた。

 - Uncategorized

×